[Track] トラック世界選手権で驚いたこと その4 アシュトン・ランビー

アシュトン・ランビーは彗星のように表れたスター選手です。
彼はトラック競技を始めて3年で2度の世界記録を樹立しました。
世界で活躍する選手はたいていジュニア時代から本格的に競技を始めていますがランビーの経歴はちょっと違います。
IMG_3203

高校時代から自転車には乗っていましたが、レースで特に好成績を収めた選手ではありませんでした。
学生時代の彼の興味はバンド活動だったと言います。


2016年のリオ五輪時でさえ「こいつら凄え」と言いながらTVで観戦していたと言います。
自転車の興味はオフロードにあり、いわゆる「公認レースでない」グラベルレースに出る自転車好きの青年でした。

 

2017年、地元にある芝生のトラックレースに出たことがキッカケでトラック競技に興味を持ち公式戦に参戦開始。
その中で元五輪選手のカール・サンドクイストの導きもあり全米選手権に参加する権利を得ました。
ここから彼の快進撃が始まります。
推薦されて出た全米選手権では早速IPで優勝

 

2018年にはナショナルチームに代表入りしIP4kmで世界記録を樹立。
あまりの突然の出来事に誰もが「アシュトン・ランビーって誰だ?」と驚きました。

 

突然階段を上り詰めた彼のレースに取り組む姿勢は、ジュニア時代から百戦錬磨の経験を積んだ選手とはかなり違います。
パンクやスリップの危険がある為にホコリがひとつ落ちていても気にするトラック・インフィールドに自身のグラベルバイクを持参。
そのバイクはフロントバッグとフェンダーが着いている完全なるツーリング仕様。

 

私は30年間で初めてフロントバッグの着いている自転車でウォームアップをしているトラック選手を見ました。

予選では自身のPBを更新する4分3秒640を記録(平均時速59.437km/h!)
これはチーム・イネオスに所属するイタリア代表のフィリッポ・ガンナに次いで2位の記録です。
ワールド・ツアーの選手とグラベル出身の青年が世界選手権の決勝で対決する。
10年前には考えられなかったことが起こりました。

 

自転車競技に新しい風を吹き込む彼の活躍にワクワクしました!

 

Peaks Coaching Group – Japan
中田尚志