[Track] HUUB WATT BIKEのマシン

4kmチームパーシュートで旋風を巻き起こしたフーブ・ワットバイクチーム。
彼らの出した3分53秒は今季のワールドカップが始まるまで、「史上5番目に速い”ナショナルチーム”」でした。

彼らは地元ダービーを拠点にするためダービーダス(Derbados=ダービー共和国)と自身たちを呼んでいます。

選考や規律があまりに厳しいイギリス・ナショナルチームに反旗を翻す形でチームを結成し自身達で国を作ったというわけです。

 

 

——
HUUB Wattbike p/b Vita Coco のバイク

チームの選手であり創設者でもあるダン・ビグハムのエンジニアリングと競技で培われた知識により、彼らのマシンには面白い工夫がなされています。

 

(1)空気の乱流を防ぐDHバー
バイクの一番前についているDHバーは最初に空気を切り裂く場所です。腕とDHバーの間で乱流が起こると抵抗になるために前腕とDHバーの隙間を無くし、一体成型にすることで空気抵抗を10-15W低減しています。

IMG_0869 (1)

 

(2)62 x 15Tのギア
世界の男子トップ選手は4kmTPにおいて4倍以上のギア比を踏みます。62 x 15Tであればギア比は4.13倍

54 x 13T も概ね同じ4.15倍ですが、62 x 15Tの方が後ろのスプロケット1枚にかかるトルクは減ることやチェーンの屈曲が緩くなるために駆動抵抗は減ります。
その為、大ギア x 大ギアの62 x 15Tの方が小ギア x 小ギアの54 x 13Tよりも駆動抵抗が少ないというのがダンの考え方です。(ビッグギアプーリーと同じ考え方)

IMG_0873 (1)

 

 

(3)ワックス・コーティングされたチェーン
チェーンの摺動抵抗はチェーンの表面ではなく、実はピンとプレートが擦れることによって起こります。その為、チェーン表面にオイルを付けるよりもチェーン内部のピンとプレートを潤滑させるほうが効果的です。

その為、ダンはチェーンのワックスを開発しました。
一度チェーンを脱脂することでファクトリーオイルを落とします。
その上でワックスでチェーンを煮ます。そうすることでチェーン内部にまで潤滑剤を浸透させ駆動抵抗を減らします。

IMG_0874 (1)

 

(4)ピラミッドサイクリングデザイン(Pyramid Cycle Design )の特注カーボンチェーンリング
62−65T ともなるとチェーンリングの半径が通常よりも大幅に大きくなります。その為、少しでも精度が出ていないとチェーンリングは上下左右に跳ねてしまいます。
また大きくなればなるほど剛性を確保するのは難しくなります。

世界のトップ選手だと4kmのスタートでもゆうに1,000Wは超えるので硬いカーボンチェーンリングを使用しています。

 

(5)ウォーカー・ブラザーズ(Walker Brothers Wheels )のテンション構造のディスクホイール
カーボンハニカムのいわゆる板ディスクではなく、スポークのようなテンションディスクにすることで、軽さと剛性そして足に対する反力の少なさを実現しています。

IMG_1012

———


超低予算の実質アマチュアチームですが、各国のナショナルチームが参考にするほど機材に工夫を凝らしてタイムアップを図っています。

莫大な資金があり風洞実験を繰り返すことの出来る各国のナショナルチームに対抗すべく、創意工夫と科学的アプローチでここまでやれるというのを証明したフーブ・ワットバイク。 

機材の高額化、チーム予算の高騰が止まらない自転車チームの運営ですが、創意工夫でまだまだアマチュアがプロに勝てる余地はありそうです。

 

 

Peaks Coaching Group Japan
中田尚志

Powered by Izumi Chain Mfg. Co. – 和泉チエン株式会社