[Track] トラック界の旋風 フーブ・ワット・バイク・テストチーム

「仲間とチームを結成して世界一になる」

 

普段一緒にトレーニングやレースを走っている仲間とチームを結成しワールド・カップで優勝してしまう。

こんな夢みたいな話を実現したのがフーブ・ワット・バイク・テストチーム(HUUB WATT BIKE TEST TEAM)です。

 

IMG_1009 (1)

 

——
チーム創設者のダン・ビグハムはイギリス人で空力のスペシャリストです。F1のメルセデスチームで働いていた経験やキャニオン・スラムのTTを改善した実績があります。

彼はイギリスのダービー・ベロドロームで走る仲間たちと4kmチームパーシュート(TP)チームを結成。

彼らはいわばナショナルチームの選考から漏れた選手たちにも関わらず、自国イギリス・ナショナルチームを破り、更にワールドカップで優勝するという快挙を成し遂げました。

 

——
この快挙は偶然に生まれたものではありません。
ダンの綿密な計画と実行力によって実現出来たものです。

 

アプローチは全てにおいての「最適化」
問題点を明確にして徹底的に最適化を図ります。

 

時速60km以上に達するTPにおいて、タイム短縮の最も大きな障壁となるのは空気抵抗。
実に走行抵抗の90%以上を占めます。

 

その為、第一に空気抵抗削減に取り組むことがタイム短縮の近道になります。

その手法はDHバーなどの機材を自身で開発したり、先頭交代の最適化を行うこと。更には自身でエアロ対策のシステム構築も行いました。

 

特に先頭交代は徹底的に考え抜かれたものです。

声をかけたチームメートと大学構内に寝泊まりし、寝食を共にしながら改善に取り組む中で各選手の脚質や性格に合わせた先頭交代の方法を考案。

たった1ヶ月で4分20秒だったタイムを4分2秒にまで短縮することに成功しました。

 

 

・先頭交代の方法
先頭交代をすると一車身(約2m)下がる形になるので、先頭交代1回につき概ね0.1秒を失います。

その為ダンはスピードを上げて先頭交代を増やすよりも、先頭交代を少なくしてタイムを稼ぐことを優先するほうがタイムが出ると考えました。

ブリスベンのワールドカップでは2走の選手がいきなり5周引いて離脱するという斬新な方法を採用。
これにより通常15回ほどある先頭交代を7回まで削減。また一番足を使う1走はスタンディングの後、4番手について9周も後ろで休めるので後半に向けて足を温存することが出来ます。これにより(0.1秒 x 7回+長く休んだ1走の頑張り)で1秒程度稼ぎ出そうというわけです。

 

・メンタル
双極性障害を持つチーム員もいることから、メンタルトレーニングの先生にも協力してもらってレースで最高のメンタルが発揮出来るように最適化しました。

彼らがブリスベンで出したタイムは3分52秒。 このタイムはリオ五輪であれば銀メダルがとれたタイムです。

 

明日は彼らのチームの機材についてご紹介します!

 

Peaks Coaching Group Japan
中田尚志

 

Powered by Izumi Chain Mfg. Co. – 和泉チエン株式会社