[CX] 障害物を飛んでみよう!

GCNのビデオです。
ベルギーのCX選手でバイクハンドリングが非常に上手いトム・メウセンと元プロCX選手のジェレミー・パワーズがゲーム形式で色々な障害物(オブスタクル)にチャレンジしています。

 

 

 

Round 1 オブスタクル(obstacle)をジャンプする

・バイクを前後輪同時もしくは前輪を先に持ち上げ障害をクリアする。
・進入スピードとジャンプできる高さを判断して飛ぶ。
・バイクは真っ直ぐに保つ。
・車輪をヒットしても大丈夫なように当たったら折れ曲がる木などを使いましょう。
・最初は怖くてブレーキレバーを握ってしまいますが、バー上部を握ったほうが上手く飛べます。

いよいよ「ダメだ!飛べない!!」と思ったら無理に飛ばずに早めに担ぎに切り替える。リム打ちしてパンクするよりずっと速い。
特にレースでは度胸試しせずに担いだほうが安全。

 


Round 2.丘(knoll)をジャンプする
メウセンはCX whip(さっと動くこと)と呼んでいます。
・進入スピードの調整
・前後輪同時もしくは後輪から優しく着地するように
・美しさも大事?(メウセンの勝ち)

 

 


Round 3.砂地コースを脚をつかずにクリアする
・前後左右の体重移動を行って砂にホイールが埋まらないように

 


Round4. コースを設定してタイムを測る
・オブスタクル+砂+コーナーリングスピードを組み合わせたコースを作りタイムアタック

 


Round5. サンド・スラローム
・木の枝を砂に挿してスラロームのタイムアタック
・下りで行ってペダリングによってトルクを掛けるところ、抜くところを組み合わせてクリア。
・コーナーでペダリングするとタイヤが砂に埋まるので埋まりすぎないように、また推進力が死なないように調整


Round6. タイムアタック
・コースを壊したら5秒ペナルティ

ゲーム形式で楽しくトレーニング出来るのが良いですね。

最初はジャンプだけ砂だけなどひとつのパートを集中して行い、その後組み合わせ、最後にタイムアタックと段階を追うのが良いと思います。

トレーニングの最後に行ってみるのも良いと思います。

 

Peaks Coaching Group Japan
中田尚志