平成を駆け抜けたプロロード選手 市川雅敏 その3 

 

「宿題をやらずに学校に来たような気持ちでジロをスタートした」

——
1992年の春先、市川さんは落車し入院生活を余儀なくされた。

心機一転1993年はイタリアのナビガーレチームに移籍。しかし、その年も春先に大怪我に見舞われる。
強風で飛んできた木の枝が前輪に入り落車。顔面を骨折してしまったのだ。

3年ぶりにジロ出場のチャンスが巡ってくるも顔にはチタンプレートが入っている状態。全くコンディションが上がらないまま出場する事になってしまう。

「プロロードって興行だからさ、春先のイタリアのレースでその年のジロに使うルートを組み入れて盛り上げるわけ。”5月にはここにジロが来ますよ〜”ってね。オーガナイザーも選手もコースを予習しておける良いシステムだよね。でも93年はそれが走れなかった。ジロには何だか宿題をやらずに学校に来たような気持ちで入った」

 

56679425_1044108122379769_147185565706485760_o
こうして始まった2回目のジロだが市川さんは途中まで好走を見せる。

「しっかり準備して出てたら総合で20-30位前後には行けると思ってた。最初より2回目の方が心身ともに余裕あるでしょ。でも春先病院で寝てたんだからそりゃキツいよね。」

走り込み不足は距離への耐性を落としていた。
迎えた土砂降りの第13ステージ。ドロミテ山塊を覆う冷たい低気圧がヒョウを降らせる中、チームカーが上手くジャケットを渡せず体を冷やしてしまった市川さんはフィニッシュ後に体調を崩し翌日には肺炎を起こしてしまう。

ドクターストップがかかり残念ながら2回目のジロはここで終わりを迎えた。奇しくもそれは90年ジロで大ブレーキに見舞われたポルドイ峠を登るステージだった。

——–
「準備不足でジロに入っちゃったし何だかジロに失礼なことをしたような気がしてた。」

こうして終えたジロは、プロ生活の終わりも意味していた。

57111069_1044110682379513_8816936275157188608_n

続く

 

#市川雅敏

写真: サイクルスポーツ1993年8月号 三宅寛氏 提供: 市川雅敏氏


—-
バイクショップイベント、社員研修などで市川さんのお話を聞いてみたい方がいらっしゃいましたら、ダイレクトメッセージをお願い致します。

詳細ご説明させて頂きます。

Peaks Coaching Group – Japan
中田尚志