冬のトレーニングを快適にしよう!

冬の寒さが厳しさを増すと共にシーズンに向けての乗り込みも一層激しさを増す時期です。

山間部に入ると雨に降られたり雪が積もってくる時さえあります。

そんな中でも装備を工夫することで快適に走る方法はあります。トレーニング時間が長い時期だけにしっかりと準備して走るべきです。

 

 

イギリスのヒルクライムチャンピオン、ダン・エバンス(Dan Evans)の方法をご紹介しましょう。

49525775_305086933475427_9099818094175453184_n

トレーニングに出るダンとジェシカ

 

ダン・エバンス(Dan Evans)

2014 & 2017年 イギリス・ヒルクライムチャンピオン

フルタイムで働きながらも2度のチャンピオンに輝く選手。

奥様のジェシカもサイクリストでTaiwan KOMでは8位に入った実力者。

 

instagram

https://www.instagram.com/danevanscycling/?hl=ja

 

STRAVA

https://www.strava.com/pros/225425

 

 

「冬のウェールズでは天候がサイクリングするのに問題になります。気温はそれほど低いわけではありませんが(2-10℃)、10月から4月までずっと雨が続きます。その為、トレーニング前にバイクとウエアの雨対策が重要になってきます。

ロードレースやビーチレースが始まるのはだいたい3月の終わり。この時期でもまだ寒く天気が悪いことが多いためにタイツやオーバーシューズを着用してレースに出ます。」

 
 冬のライドを快適にするために

・ウエア選びが最も重要 

・キャップは有効

・泥除け

・サーモボトル

・LEDフラッシャー

・MTBライドも有効

 

49485901_2413572235380582_4574609704654733312_n

レースを考える彼らは雨や寒さ対策をしつつも、あまり着ぶくれしすぎないウエアを選択します。

ヘルメットの下にキャップを被ると前走者からの雨のしぶきや雨のしずくが顔に滴るのを防いでくれます。

 

49029674_593011107813117_6370343828989149184_n

レース以外では泥除けは必須です。 サーモボトル(保温ボトル)も暖を取るために有効。日本ほどコンビニや自動販売機があるわけではないのでライド中に温かい飲み物を確保する努力が必要です。

49028132_297581410891911_1836070945349959680_n

セーフティ・ファースト! 安全は全てに優先します。LEDフラッシャーは昼間でも点灯させましょう。冬は日照時間が短く昼間も光量が少ないためにドライバーからは見えにくい時期と言えます。しっかり存在をアピールしましょう!

 

49119145_215006296045065_1915484435386466304_n

寒く雨が酷い時は森の中でMTBに乗るのも良い選択。平均スピードが低いために冷えずに済むし、木々は驚くほど雨を遮ってくれます。

またぬかるんだ道での走行はハンドリング・ペダリング技術を磨いてくれます。そして何より楽しい!

 

 

43610585_2039007859452727_5943639700009910272_o

冬のトレーニングが実ればワールドツアーの選手に勝つことだってありえます。

写真は台湾KOMの前々日に行われた陽明山チャレンジでローレンス・テンダム(Team Sun Web)を抑えて優勝したダン。

 

44772678_2039008016119378_7288682522060259328_o44664290_2039008329452680_1061488338139086848_o

2019シーズンの活躍を夢見てトレーニグしよう!

 

 
 
View this post on Instagram

Devil on one shoulder, angel on the other. Question is- which is which? 😈😇

Dan Evansさん(@danevanscycling)がシェアした投稿 –

寒さの中では一緒に走れる仲間が辛さを忘れさせてくれます。

楽しく走るのが一番!

 

 
 
 
View this post on Instagram

Packed up and taking this scary mug off to Taiwan for a bike race. Mega! 🇹🇼 👹

Dan Evansさん(@danevanscycling)がシェアした投稿 –

 

Peaks Coaching Group – Japan

中田尚志