[世界選の思い出] #Richmond2015 ベン・キング エリート男子

今年のヴェルタで区間2勝を遂げたベン・キング(現ディメンションデータ)は、地元バージニア州しかもリッチモンドの出身。

典型的なサイクリング・ファミリー(家族で自転車愛好家)出身で、伯父さんは未だに上のカテゴリーで走るレーサーだそう。

 

ベンは地元のバージニア工科大学に進学するもプロ選手の夢を優先し退学。その時、彼の母親はずいぶん心配したそうです。

順調に成長して史上最年少で全米プロ選手権で優勝しました。

 

 

当時アメリカは世界選で優勝を狙う実力は無いと言われていました。しかし、開催国として何かをしたいのは当然。

地元バージニア出身のベンは、玉砕覚悟のアーリーバード(最初の逃げ)に乗る事を選択。

4時間以上も逃げて地元のファンに凱旋した姿を見せました。

IMG_1822

 

ベン・キング 2015世界選のパワーデータ
走行時間:6h24m
TSS: 418tss
消費エネルギー: 6,402kJ
アベレージパワー: 276W
NP: 323W(もし一定のパワーで走った場合の想定値)

彼のFTPは400W。その81%で6時間以上走り続けたことになります。

TSSは418に達し、それは1hのタイムトライアルを4本するに等しい負荷を体にかけたことを意味します。

IMG_6493 (1)

 

 

ベン・キングはこの重労働をこなし、逃げたメンバーの中で唯一の完走を遂げました。

この日優勝したピーター・サガンの脇で地元の喝采を浴びるもう一人のヒーローでした。

 

中田尚志

 

ハンター・アレンによるベン・キングのパワーデータ解析はコチラ!

http://www.hunterallenpowerblog.com/2016/01/the-world-championships-in-richmond.html

 

スクリーンショット 2018-09-29 13.53.55

 

チクリッシモNo.50 2016年4月号に世界選帯同記を掲載しています。
お持ちの方はぜひご覧ください。