[市川雅敏] 最高のチームの作り方 その1

ツール・ド・フランスに向けて各チームがメンバーを発表する時期になりました。

 

メンバーの選考はどのチームにとっても頭を悩ます問題です。スター揃いのチームでは総合を狙うのか?ステージをメインに狙うチーム構成にするのか?総合を狙うチームにするにしても山岳でのアシストと平地での風よけの人数構成をどうするのか? ベテランを起用し確実性を狙うのか?勢いのある若手を使うのか?など悩みは尽きません。

 

最強スプリンターの一人であるケイレブ・イワンが、総合を狙うアダム・イエーツを中心に考えたミチェルトン・スコットのメンバーから外れたりと、強い選手が必ずメンバーに入れるとは限らず、どこで結果を出したいかを考えるチームの方針、監督の采配によってメンバーは決まります。

 

チームの思惑によって悲喜こもごもが起こるのがこの時期です。

メンバー選考にしこりを残してはチームの士気に関わりますし、何より成績を出すことが出来ません。全員が一つになってレースに向かえるチームを作ること。またそういう雰囲気を作るのも監督の能力のひとつです。

 

そこで今日は市川雅敏さんに学ぶ最高のチームの作り方をご紹介しましょう!

 

監督 ダニエル・ギジガーの采配

1990年 プロ4年目を迎えた市川さんはスイスを拠点にしたフランク・トーヨーに移籍。

ここで有能な監督に出会い、最高のチーム作りを学んだといいます。

 

フランク・トーヨーで采配をふるうのは、前年引退し監督に就任したダニエル・ギジガー。

元祖TTスペシャリストとしてエアロスキンスーツ、内蔵ワイヤのフレームをプロの世界に持ち込んだこの男は、緻密なトレーニングプログラムとオーガナイズされたチーム体制を構築することで、最高のチームを作り上げたと言います。

 

市川さんがプロ生活の中で最高のチームだったと評するフランク・トーヨーのチーム作り。

 

 

IMG_8094 (1)

“「やるぞ!」チームの士気は最高潮 ジロのスタート地点に並ぶ市川雅敏さん”

 

最高のチームとは?

プロ選手は勝つことで評価され、富と名声を手にする。

そこで監督は勝てるチーム、賞金を獲得出来るチームづくりを目指すわけだが、レースは一人で勝てるわけではない。

勝ちを狙うエースがいて、エースの勝利のために尽くすアシストが居てこそチームに勝利が転がり込む。

 

そのためには各選手が自身の役割を理解しチームメートの役割に敬意を払う必要がある。

戦術がブレるような自分勝手な走りをする選手が居ては勝てないし、またエースは絶対的な信頼を得ていなくてはならない。

 

メンバーが一丸となって勝利に向かえるのが、最高のチームだというわけだ。

 

プロチームの力学

プロで走るということはお金を稼ぐために走るということ。

通常プロ選手は契約にもとづいた給料の他にレースで獲得した賞金をチームで分配することで副収入を得る。

 

獲得賞金が増えればメンバーの士気は上がり、さらなる勝利の為に自ずとチームの結束は固くなる。

一方で活躍できず賞金が得られなければメンバーの士気は下がり、各選手は来期の移籍を考えて自身の成績を求めた自分勝手な行動に出やすくなる。

 

エースがアシストを信頼し、アシスト選手は全力でエースを助けたくなる心理に持って行くことがプロチームのスタッフには要求される。

 

ダニエル・ギジガーのアプローチ

市川さんが前年ベルギーで所属していたHITACHIは、エースのクリケリオン(’84世界チャンピオン)他クラシックハンターが揃うビッグ・チームだったが、チームオーガナイズはめちゃくちゃで、メンバー選考は常に場当たり的。 

市川さんは、ツール・ド・フランスのスタート地点に招集されながら、数日前に選考から外れたこともあったという。

 

「誰がツールに行くんだよ!」メンバー選考は監督のサジ加減ひとつ。

 

場当たり的なメンバー選抜に関してチーム内に遺恨が残り選手はストレスにさらされる。

選考されるためにチーム内では常に足の引っ張り合いがあり、自ずとチームの士気は下がった。

突如メンバーから外されたと思えば、突然レースに招集されることもある。そのような中でレースに向けての綿密なコンディション作りなど不可能だった。

 

一方フランク・トーヨーは小さいチームながらギジガーの指揮の元、全てがオーガナイズされていた。

シーズンが始まる前にギジガーは各選手のレーススケジュールに見合ったトレーニングプログラムを作成したという。

 

“ギジガーが市川選手に与えたトレーニングプログラムの一部”

IMG_7326 (2)

 

市川さんに与えられたプログラムは春先イタリアのライグエリアで始まり、ティレーノ・アドリアティコで調子を上げ、ツール・ド・ロマンディでジロを走れるコンディションを作っておくこと。

 

同じくメンバー入りを目指すカーリン・カールにはジロの前哨戦ジロ・デル・トレンティーノ(現ツアー・オブ・ジ・アルプス)でジロを走れるコンディションを作っておくことが求められた。

 

プロはレースによって出場メンバーが常に変わるし、たとえ同じレースに出走したとしても選手によって与えられる役割が異なるので順位だけではジロのメンバーの選考をすることは出来ない。

そこで似通った脚質のメンバーを異なるレースに出して、それぞれの走力を見て選考しようというわけだ。

 

ギジガーはこのプログラムをチーム内で情報共有し、市川さんの選考はロマンディ、カールはトレンティーノであることを周知した。

 

 

次回に続く

 

 

ーー

Abenova presents 市川雅敏氏 夕食会

市川雅敏さんから学ぶプロレース観戦術

2018/6/30(土) 18:00~2018/6/30(土) 21:00

スポーツサイクル プロショップ アベノバ

お申込みはコチラ

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01fxpkzmmx82.html

スクリーンショット 2018-06-19 12.00.40