[市川雅敏] レースを走りきる為の戦術

GWに各地のレースに参加された方も多かったのではないでしょうか?

望んだ成績が出せた方もそうでなかった方もいらっしゃるかと思います。

中には完走することが出来なかった方もいるかもしれません。

 

今日は市川雅敏さんが実践した「レースを走りきる為の戦術」をご紹介しましょう。

 

集団で走るロードレースでは苦しい時間帯が必ずあります。

例えば120kmのロードレースの50km地点でペースが上がったとします。

 

そんな時選手は「まだ半分も走っていないのに今にもチギれそうだ。どうやってあと70kmも走れば良いんだ!?」とフィニッシュまでの距離を考えて絶望的になってしまいます。

しかし、こういった時に行うべきは「目標を刻んで今できる事に集中すること。」

 

レースでは苦しい時があるとともにペースが落ちる時間帯が必ずあります。まずはそこまで生き残ることに集中すると良いです。

—–

1.軽量化

登りでペースが上がった時に生き残る為に体を身軽にして苦しい局面をやり過ごす方法です。

 

補給食は捨てるか、初めから最小限しか持たず、ダブルボトルはシングルにしてしまいます。 ボトル1本で570g、補給食も捨てれば800gほども軽量化出来ます。更には残った一本のボトルの中身も最小限にすれば周囲の選手に対して1kg=フレーム一本分軽量化することも可能です。

 

Wも余力がない時にこの差は大きいですし、何よりも「重いものを捨てて身軽になった。」「自分は他の選手より軽い状態で走っている」という精神的アドバンテージを得られます。

無事に危機的局面をやり過ごすことが出来れば、その後で補給を貰えば良いわけです。

 

2.消化を考える

フィニッシュまでの距離を考えて補給を食べるのではなく、ペースが上がった時に胃の中に食べ物が残っていないように考えて補給を摂ります。

レースでの基本はフィニッシュを迎えた時にちょうどお腹が減るように計算して補給を食べることですが、完走が危うい時はそうも言ってられません。

自分にとっての勝負どころで全力を出せるように調整するべきです。

血液は胃ではなく、足に酸素を運ぶ為にとっておくべきです。

 

3.パニックに陥らない

肉体的・精神的にイッパイの時にあまり先のことまで考えてしまうとパニックに陥ります。

苦しい瞬間にまだゴール地点まで70kmもあることを考える必要はありません。考えても絶望的になるだけだからです。

 

まずは目の前の危機を乗り越えることに集中して、それが乗り越えれたら先のことを考えましょう。

市川さんはジロ・デ・イタリアの山岳ステージでどうにも上手く走れない日があり集団からチギレそうになった時、監督のダニエル・ギジガーは「マサ、後ろに下がれ!グルペットまで落ちても大丈夫だ。」と声をかけたそうです。

 

総合30位を落とさないように無理に先頭集団に食らいついていたら、切れた瞬間に足に全く力が入らなくなりリタイアに追い込まれる可能性さえあります。

しかし、落とせるところまで落として回復を待ち、何とかグルペットでフィニッシュすれば、少なくとも翌日に進むことは出来るからです。

 

また精神的にも「切れたら終わりだ」と考えるよりも「まだ後ろに下がっても大丈夫だ」と考えるほうが気が楽になります。

さらにこの場合は監督の言葉に従って下がっているので「自分は切れたのではなく、指示の元に下がった。」と考えることが出来、精神的なダメージを和らげることが出来ます。

 

その為、パニックに陥って精神的にプッツリ切れることは避けられます。

 

まとめ

大切なのは自身が苦しくなってしまう時に”臨戦態勢”にしておくこと。そして目標を細かく刻んでクリアしていくこと。

レースのペースアップは誰もコントロール出来ませんから、自身がコントロール出来ることに集中するのが大切です。

 

市川さんはレースを完走出来るように長距離のレースでもスキンスーツとシングルボトルでスタートし、苦しい局面を超えてからボトルと補給食を受け取ることを試したことがあるそうです。

まだレースを完走出来ない若手に市川さんがするアドバイス

「苦しい時にレースの最後までを考えてはいけない。」

「ひとつひとつの目標をクリアして勝利に近づいて行くこと。」

 

皆さんの最終的なゴールに到達するための参考になれば幸いです。

 

市川雅敏 x Peaks Coaching Group-Japan セミナーは今週金曜日です!

・日時: 511日(金) PM6:30-9:00

・募集人数: 20

・チケット: 6,000

・チケット販売開始: 421PM6:00

・場所111-0032 東京都台東区浅草2-33-7

ホテル・ヴィアイン浅草 会議室 2F 菊の間

お申込みURL

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01gu34zipznf.html

 

 

Masatoshi Ichikawa Hunter Allen

 

IMG_7712

20 May1990  73rd Giro d'Italia Stage 02 : Consilina - Vesuvio ICHIKAWA Masatoshi (JPN) Frank - Toyo, at Vesuvio Photo : Yuzuru SUNADA / Slide / Pro Scan

20 May1990
73rd Giro d’Italia
Stage 02 : Consilina – Vesuvio
ICHIKAWA Masatoshi (JPN) Frank – Toyo, at Vesuvio
Photo : Yuzuru SUNADA / Slide / Pro Scan